ファンデーションとコンシーラーの違いとは?

 

ここでは、神ファンデのマキアレイベルのようなファンデーションとコンシーラーにはどんな違いがあるのかについて、使い方や注意点を交えながら説明していきます。

 

そもそもファンデーションとコンシーラーは何が違うの?

ファンデーションは顔全体をカバーするものですが、それに対してスポットを重点的にカバーするものがコンシーラーです。

 

つまりコンシーラーとは、例えばシミやソバカス、毛穴やニキビ、クマなど部分的に気になる箇所をキレイに見せるためのアイテムですね。

 

まだ10代の方など、隠したいシミがあまりない方にはコンシーラーは馴染みがない商品かもしれませんが、30代以降の方などカバーしたい肌悩みが増えてくると、悩みごとに使う道具を変えるのが一般的です。

 

コンシーラーの選び方と使い方の基本

シミやソバカス

シミやソバカスをカバーするなら、スティックやペンシルタイプを選ぶのがベスト。

 

小さな範囲なので、ちょんちょんとピンポイントにのせていきます。

 

ニキビ

ニキビにはクリームのものを使うのがおすすめ。

 

こちらもニキビが気になる箇所にだけ塗りましょう。

 

クマ

クマに関しては柔らかいタイプのコンシーラーで対処。

 

クマの色によってカラーを変えると肌に馴染みやすいです。

 

例えば茶色っぽい方にはイエロー系、青色気味にはオレンジ系をやさしくのせてみて下さい。

 

コンシーラーとファンデーションの共通の注意点

この2つの使い方の注意点として共通しているのは「のせすぎない」ということ。

 

そして隠したいという気持ちから、力をこめすぎないことです。

 

カバーしているつもりが、逆に目立たせてしまう可能性があるので要注意。

 

私も使っている神ファンデのマキアレイベルのように、厚塗り感が出ずに仕上がりが自然なものを選ぶのもおすすめです。

 

また、肌のトーンよりも明るすぎるカラーのものを使わない方がいいでしょう。

 

ニキビやシミは暗い色のものが多いので、その上に明るい色をのせても下から透けて見えやすくなってしまうからです。

 

つける順番はどっちが先?

ファンデーションの種類によってコンシーラーをつけるタイミングにも違いがあります。

 

・パウダーだったらコンシーラーの後に。
・リキッドならファンデが先。そして仕上げのパウダーをするのが一般的です。

 

それぞれの持ち味を活かすことで、キレイな肌を作り上げていきましょう。