塗り方の基本やちょっとしたコツ

 

肌をカバーする力に期待できるのがリキッドファンデーションの魅力のひとつ。

 

その中で神ファンデは遠くで見てもアップになっても美肌にみられたい人におススメのアイテムです。

 

塗り方の基本としては、まずは指をつかいます。

 

適量を手に取ってファンデーションをトントンっと塗りたい部分にのせていきます。

 

おでこ、両側のほっぺ、鼻のあたま、あご。
以上のだいたい5か所のポイントくらいでしょうか。

 

塗ったファンデーションを化粧崩れさせず長持ちさせたいならば、のせる量に注意!

 

表情が変化したときに動くところ、つまり、目の周りや口元などは少なめにのせることを意識してみてください。

 

笑ったり話したりすると、どうしても肌は動きます。

 

それにつられて崩れる可能性があるのです。

 

キレイな肌を保つためには、顔の部分ごとに量を調節するのがベスト。

 

のせおわったら今度は顔全体に塗りこんでいきます。

 

神ファンデのマキアレイベルにも専用のパフが販売されていますが、パフやスポンジを使うとよりなじみやすいです。

 

ポンポンと肌に置くようなイメージでリキッドを広げた方がキレイに仕上がります。

 

ちょっともどかしいですが、なでるように塗ってしまうと長持ちしませんので、ここはできるだけ丁寧に行ってください。

 

特にフェイスラインと首との境目は元の肌色とファンデーションの色の差がくっきりとでないように気をつけてくださいね。

 

塗り終えたら鏡でチェックしましょう。

 

パフやスポンジでぼかすようにすると違和感なく仕上がります。

 

フェイスパウダーを顔全体にのせるとよりムラのない肌の完成です。

 

神ファンデの口コミレビュー